講演

10:0011:45
基調講演 もうすぐ満席
CTC講演
テクノロジーで社会の課題を解決する
集中と分散を繰り返してきた企業情報システム(エンタープライズIT)は、クラウドの定着と共に超分散の方向へとスピードを速めています。モバイルコンピューティングやIoTが進むにつれて、エンタープライズITが扱うデータは、企業の内部からビジネスの現場にまで大きく広がっています。
ビジネスに対する社会的貢献への要求が高くなってきた昨今、ビジネスを実現するテクノロジーそのものが、社会的貢献を実現するうえでの重要な要素となってきています。本講演では、テクノロジーで社会の課題を解決に向かう私たちの取り組みと、テクノロジー活用で先行する米国の取り組みについてご紹介してまいります。
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 代表取締役社長 菊地 哲
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
代表取締役社長 菊地 哲
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 執行役員 ITOCHU Techno-Solutions America, Inc. President & CEO 藤岡 良樹
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
執行役員
ITOCHU Techno-Solutions America, Inc.
President & CEO 藤岡 良樹
スペシャルトークセッション
5Gが変える明日のエンタープライズIT

CTC Forum 2019を開催する10月25日(金)には、5Gプレサービスはすでに始まっています。この時までに、イベント会場でマルチアングル視聴を楽しんだり、パブリックビューイング会場で高精細画像を使ったライブ配信やゲーム・アトラクションなどに触れることで、5Gの特徴である「超高速」「同時多数接続」「超低遅延」の世界を体験している方も多くなっていることと思います。
エンターテインメントで先行する5Gは、エンタープライズITにどのようなインパクトを与えるのでしょうか?また、それはどのタイミングで、どのような形で入ってくるのでしょうか?あらゆるビジネスにITが組み込まれていくこれからの世界で、エンタープライズITには何が求められるのでしょうか?
5G商用サービスを来年に控える携帯キャリア各社に登壇いただき、これらの疑問を明らかにしていきたいと思います。

株式会社NTTドコモ
株式会社NTTドコモ 執行役員 5Gイノベーション推進室長 中村 武宏 様
株式会社NTTドコモ
執行役員
5Gイノベーション推進室長 中村 武宏 様
KDDI株式会社
KDDI株式会社 ソリューション事業企画本部 5G・IoTサービス企画部長 野口 一宙 様
KDDI株式会社
ソリューション事業企画本部
5G・IoTサービス企画部長野口 一宙 様
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク株式会社 先端技術開発本部 本部長 湧川 隆次 様
ソフトバンク株式会社
先端技術開発本部
本部長 湧川 隆次 様

※50音順

モデレーター
株式会社MM総研 代表取締役所長 元日本経済新聞社論説委員 関口 和一 様
株式会社MM総研
代表取締役所長
元日本経済新聞社論説委員 関口 和一 様
12:00 ~ 12:30
E12 もうすぐ満席
Impervaが目指すデータ・アプリケーションセキュリティの新戦略
株式会社 Imperva Japan
代表取締役社長
Fetzek Lorne 様
2020年、オリンピックを控え、企業はより強固なセキュリティ対策を求められています。
特にWebサイトを狙った攻撃、情報の搾取への対策はもちろんのこと、多様化するアプリケーション環境への対策も新たな問題として浮上しています。
ImpervaではWAF、データセキュリティに加え、RASPによるアプリケーションを保護を加えたセキュリティソリューションを提供可能です。
この講演では、製品ロードマップ含め、Impervaの新戦略をご紹介いたします。
昼食
セキュリティ
F12 満席
マルチクラウド時代におけるITインフラのあり方
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
プロダクトビジネス推進部 部長代行
稲吉 英宗
マルチクラウドもいよいよ実践期に入ってきました。パブリッククラウドへの移行が優勢とされた状態から、価格や実行速度、セキュリティといった問題からオンプレミス回帰や使い分けを検討しているお客様が日本でも増えてきています。マルチベンダーのCTCだからこそ提示できるマルチクラウドの使い分けやそのための前提条件などのITインフラのあり方を最新の欧米における事例込みでご紹介します。
昼食
クラウド
G12 満席
従業員エンゲージメントの強化と新しい働き方 ~SDGs を幅広く実現するテクノロジ活用とは~
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
アジアパシフィック・ジャパン事業推進本部 エバンジェリスト
小林 伸睦 様
シトリックスによる SDGs への貢献を幅広く解説します。そのテクノロジーは、新しいビジネスモデルの創出、イノベーションの誘発、製品開発の促進、そして有意義なエクスペリエンスによりお客様のビジネスに貢献します。
昼食
クラウド
H12 満席
セキュア SD-WAN/LAN ソリューション
フォーティネットジャパン株式会社
技術本部 第一技術部 シニアシステムズエンジニア
内藤 正規 様
進化したFortiOS 6.2に加え、SoC4を搭載した初のモデル『FortiGate-100F』のリリースにより、既存のお客様ネットワークをよりセキュアに、より快適に提供することが可能となります。また、セキュリティ機器、ネットワーク機器だけでなく、端末情報など、ネットワークに繋がっているもの全てを詳細に可視化することで運用性の向上が実現可能となります。
昼食
セキュリティ
J12 満席
ローコードのビジュアルなスピード開発でアジャイルを実現
OutSystemsジャパン株式会社
マーケティング マネージャー
山之内 真彦 様

OutSystemsジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト
阿島 哲夫 様
OutSystemsのビジュアルなローコード開発プラットフォームを活用することによって、スピードを向上し、開発期間を短縮できる、アジャイルな開発環境が実現できます。従来の開発手法と比較して、6~10倍のスピードを実現できる、OutSystemsローコード開発をデモンストレーションと共に紹介します。
昼食
Agile / DevOps
K12 もうすぐ満席
進化を続けるエンタープライズクラウド Nutanix最新アップデート
ニュータニックス・ジャパン合同会社
シニアシステムズエンジニア
近藤 暁 様
単なるインフラ製品にとどまらずエンタープライズクラウドプラットフォームとして進化し続けるNutanix。
VDI、NAS、バックアップ、マルチクラウドのコスト・セキュリティ管理、IoT、アプリケーションの自動デプロイ化など、Nutanixひとつであらゆる活用の場所・用途が広がっています。
本講演ではNutanixの展開する最新情報をご紹介します。
昼食
クラウド
L12 満席
シマンテックエバンジェリストが語るゼロトラストの本質
株式会社シマンテック
セールスエンジニアリング本部 エバンジェリスト
高岡 隆佳 様
最近よく耳にする「ゼロトラスト」。トラスト(信用)=0(存在しない)、では一体何を信じればいいのでしょう?信用のない前提のセキュリティとは?ユーザ側の混乱を無視し、セキュリティ業界はゼロトラスト推しで持論を展開しています。
本講演では、今ここでゼロトラストの歴史を振り返り、ゼロトラストの本来の意味やフレームワークを理解し、今なぜゼロトラストが必要なのかを解説します。
昼食
セキュリティ
M12 満席
マルチクラウド時代の最新シンプルデータ管理ソリューション
ベリタステクノロジーズ合同会社
テクノロジーセールス本部 パートナーSE部
ソリューション&ストラテジックパートナーグループ シニアセールスエンジニア
木島 亮 様
データ管理、データ保護の最先端を走るベリタスより、マルチクラウド時代の課題に対応する最新ソリューションをご紹介します。
多様化するデータ環境、複雑化するデータリソース、高度になる外部攻撃と脅威、厳格化する法規制など、あらゆる角度、あらゆる側面からデータ管理に与えられる課題に対して、確実に、シンプルに応えます。
データの保護は、プラットフォームで実現する時代。その先頭に立つベリタスが、最新情報をお伝えします。
昼食
クラウド
N12 満席
安全に利用するために押さえておくべきクラウドのリスクと解決策
マカフィー株式会社
セールスエンジニアリング本部 シニアセールスエンジニア
澁谷 寿夫 様
日本国内においても多くの企業でクラウド(SaaS/PaaS/IaaS)の利用が進んでいますが、その一方でセキュリティインシデントも確実に増加しています。
本講演ではクラウドの安全に利用する上で押さえておくべきリスクと解決策について、セキュリティ専業ベンダーであるマカフィーの考え方、及び最新のクラウドセキュリティソリューションであるMcAfee MVISION Cloudを用いたスマートなセキュリティ対策をご紹介します。
昼食
セキュリティ
O12 満席
「5Gが支えるIoT環境」のセキュリティ… 肝所はクラウドサーバにある!
トレンドマイクロ株式会社
ビジネスマーケティング本部 エンタープライズソリューション部
ハイブリッドインフラセキュリティグループ シニアスペシャリスト
福田 俊介 様
サイバー攻撃の多くは情報資産の搾取を目的としています。
新しい通信システム5Gに支えられるIoT環境のセキュリティを考えるうえで、IoTデバイスから収集した膨大なデータを蓄積・分析するクラウド(サーバ)のセキュリティは非常に重要なポイントです。
本講演ではトレンドマイクロが考える5G・IoT環境のセキュリティ全体像と、攻撃者が狙う情報資産が蓄積されているクラウド(サーバ)のセキュリティについてお話しします。
昼食
セキュリティ
13:00 ~ 13:45
A13 もうすぐ満席
関西電力におけるDXの取り組み
K4 Digital株式会社
CEO
篠原 伸生 様
関西電力は「関西電力グループ中期計画(2019~2021)」を策定し、デジタルを活用した企業変革(=デジタルトランスフォーメーション:DX)を進めています。本講演では、関西電力が何故、どのようにDXを実現しようとしているのか、デジタル専門会社として新たに設立したK4 Digitalの取組みを通じて説明いたします。
ユーザー事例講演
AI
B13 空席
ヤフーのサービスを支える監視紹介 ~巨大インフラの裏側~
ヤフー株式会社
サイトオペレーション本部 インフラ技術4部 部長
西岡 和俊 様

ヤフー株式会社
サイトオペレーション本部 インフラ技術4部 リーダー
新部 長則 様
Yahoo! JAPANはインターネットの力で日本のあらゆる課題を解決する「課題解決エンジン」をミッションに掲げ、「UPDATE JAPAN」という世界の実現を目指しています。その中で、ヤフーのサービスを支える全社的なインフラシステムを運用している立場から、ThousandEyesを使った一歩先行く『監視』をご紹介します。
ユーザー事例講演
運用
C13 満席
楽天のデータサイエンス/AIによるビッグデータ活用
楽天株式会社
グローバルデータ統括部 シニアマネージャー
勝山 公雄 様
インターネットを活用した会員制オンラインビジネスを中心に展開している楽天の、データサイエンスやAIによってさまざまなインサイトを導き出し、データドリブンマーケティングの活動に活かしマネタイズを進めていく手法や事例について紹介します。
また、顧客データの取扱いに対するデータガバナンスの取り組みについても一部紹介します。
ユーザー事例講演
AI
D13 もうすぐ満席
ANAが目指す顧客体験価値向上について
全日本空輸株式会社
デジタル変革室 サービスプラットフォーム部 国内旅客チーム  マネージャー
沢田 賢 様
ANAは2018-2022年度の中期経営戦略において、「“ダントツ品質”により、お客さまに満足していただける価値を提供し続ける」というメッセージを掲げ、顧客満足度の向上を目指している。
顧客満足度向上を目指すにあたりANAが抱える課題、またそれら課題をデジタルの活用によりどのように解決するかについてコミュニケーションタッチポイントの拡充などの施策を交え紹介する。
ユーザー事例講演
クラウド
E13 空席
ビジネスとテクノロジーの変革を実現するアジャイルトランスフォーメーション(from シアトル)
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドインテグレーション部 課長 エグゼクティブエンジニア
羽田野 晋一
エンタープライズにおいてもビジネスの成長・競争力強化にデジタルトランスフォーメーション(DX)が必要との認識が定着しつつあります。一方でPoCどまり、あるいは、なかなか取組みが進まないのが現状ではないでしょうか。予測不可能、変化の激しい競争市場に対応しDXを成功させるにはビジネスとテクノロジーにおける変革が求められます。この変革の実現するための手段がアジャイルトランスフォーメーションです。本講演ではアジャイルトランスフォーメーションをサポートするCTCの取組をシアトルからパートナーのSlalomメンバーとともにご紹介します。

※米国からオンラインで登壇します。
Agile / DevOps
F13 満席
ハイブリッドクラウド環境を構築するにあたり、あらかじめお伝えしておきたい3つのポイント
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部 課長
松島 光
オンプレ環境からパブリッククラウド環境への移行は、ますます進んでいくと予想されています。一方で、全ての環境がパブリッククラウド環境に移行するわけではなく、混在している環境(ハイブリッドクラウド環境)を管理していくことは避けられません。運用・管理コストを抑制しながら混在した環境を管理していくためには何に注意しておくべきなのか、3つのポイントに絞り説明させていただきます。
クラウド
G13 満席
「ワークモデル改革」で実現するCTC社内働き方改革IT事例
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

情報システム部 部長 エグゼクティブエンジニア 永田 孝哉
情報システム部 課長 菅原 高道
情報システム部 エキスパートエンジニア 橋本 友暁
情報システム部 村上 匡人
働き方改革におけるITの位置付けは益々重要となり、残業対策や統制のためのツールではなく、社員の多様性を重視し「どこでも」「誰とでも」「いきいき」と働ける環境の強化が求められています。本講演では、単純な既存業務のIT化(デジタライゼーション)ではなく、働き方そのもののモデルやIT活用文化を作り出す、「ワークモデル改革」(デジタルトランスフォーメーション)にチャレンジする弊社取り組み事例をご紹介します。
運用
H13 もうすぐ満席
マルチクラウド環境におけるSD-WANの活用
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ITサービス事業グループ データセンターサービス本部 DCサービス基盤開発部
システム開発課 課長
横堀 雅人
クラウドも今や適材適所で選ぶ「マルチクラウド」の時代。
利便性は増す一方、複数のクラウド環境を持つことで「トラフィック負荷の増大」や「ネットワーク運用管理の煩雑化」という新たな問題が生じています。
「SD-WAN」はその解決策となるのか?マルチクラウド環境をより快適にするSD-WANを活用した新たなネットワークの形について解説します。
クラウド
I13 空席
次世代RPAビジネスのロードマップ
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
アプリケーションビジネス推進部 RPA推進課
深野 靖浩
働き方改革を背景にこの約2年間で日本のお客様におけるRPA活用が急速に拡大しました。更なる効率化を実現するための選択肢として、AI-OCR(シナモン)、ルールエンジン、BPMなどRPAを取り巻くソリューションの将来像についてお話しします。
ロボティクス
J13 空席
もっともっと自動化&効率化!Red Hat Ansible Towerと最新事例紹介
レッドハット株式会社
パートナーソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト
岡野 浩史 様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズビジネス企画室 プロダクトビジネス推進部 プロダクトビジネス推進第2課
河合 玲男
IT関連の様々な機器、アプリケーション、クラウド環境等々を自動化できるAnsible。
その可能性は市場から高く評価されています。本講演では生のお客様の声を含め、AnsibleTowerのメリットと最適な使い方を最新事例とともにご紹介します。
運用
K13 空席
競争優位にはオープンソース活用!~チャットボットとモダンなインフラ
シスコシステムズ合同会社
システムズエンジニアリング エンタープライズソリューションアーキテクト
吉原 大輔 様
社内に眠ったデータはありませんか?手段が問題ならチャットボットが有効かもしれません。
数往復の会話で適切な情報を引き出す、そんなボットをオープンソースのMindMeldで簡単に開発できるようになります。
この例に限らず自社開発で差別化を図る動きが加速しています。
競争優位なアプリの実装場所はクラウドVSハイブリッドクラウドどちらが望ましいでしょう?KubeFlow等最新技術をご紹介しながら疑問に迫ります。
AI
L13 もうすぐ満席
マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティ戦略
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
セキュリティビジネス部 セキュリティオペレーション課 課長
大谷 誠司
クラウドの利用・活用により企業のICT環境は急速に拡大、様々なアーキテクチャが入り乱れるICT環境へと変貌し、セキュリティを高めることがより複雑化しています。一度、企業がセキュリティのコントロールを失ってしまうと、攻撃者はICT環境の弱点を的確に見出し、サイバー攻撃による被害が止むことがありません。
本講演では広がり続けるICT環境に対し、セキュリティのコントロールをいかに取り戻すのか、基本的な要素をもとにアプローチしていきます。
セキュリティ
M13 空席
ビジネスを変革するAIソリューション
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズ事業グループ ライフサイエンス事業部 技術開発第1部
エキスパートエンジニア
千葉 徹也
自然言語処理(NLP)を中心にAIを活用した情報解析プラットフォーム「Quid」、同じくNLPを活用したコグニティブ検索・アナリティクスが行えるエンタープライズサーチ・プラットフォーム「Sinequa」、それぞれの製品のご紹介と、これらを組み合わせて実現するビジネス変革ソリューションの例をご紹介します。
AI
N13 空席
AI×IoT×Simulationによる“つながる工場”
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズ事業グループ 科学システム本部 事業企画推進部
森田 敬大
今後予想される、デジタルツインの価値最大化を目指したAI×IoT×Simulationによる事例として、高度なAIアルゴリズムを搭載し、リアルタイムに予測・可視化可能な、ストリーミング・アナリティクス「SAS ESP」、生産プロセスシミュレーションソフト「WITNESS」を掛け合わせたCTCの取組みをご紹介いたします。
AI
O13 空席
ローカル5G始動! ~ローカル5Gに必要な手続きとは?~
CTCシステムマネジメント株式会社
情報通信・マルチメディア運営第2本部 本部長
安部 誠
いよいよローカル5Gの活用がスタートします!
ローカル5Gをはじめるにあたり、どんな手続きが必要なのか?
そのひとつとして、ローカル5G用無線設備の敷設・構築がありますが、この無線設備を導入するためには、総務省より認可を取得する必要があります。
本講演では、ローカル5Gをスタートするために必要な無線免許取得についてご紹介します。
5G
14:00 ~ 14:45
A14 空席
VMwareの考えるハイブリッドクラウド・マルチクラウドへのアプローチ
ヴイエムウェア株式会社
パートナーSE部 ソリューション エンジニア
山口 麗美 様
クラウド利用に向けて取り組まれる際に、クラウドの推進と既存システムの活用、複雑化する運用等の課題で悩まれたりしていませんか?
ハイブリッドクラウド・マルチクラウドの実現に向けて、課題の整理、ならびにクラウド利用の「理想」と「現実」のギャップを埋めるための、VMwareが考えるアプローチをご紹介します。
クラウド
B14 空席
~所有から利用へ~ HPEの新たな「As-a-Service」アプローチ
日本ヒューレット・パッカード株式会社
Pointnext事業統括 OSビジネス開発本部 ソリューションビジネス開発部 部長
酒井 睦 様
ビジネスとITの戦略融合が加速し、ITにも柔軟さと俊敏さが求められ、パブリッククラウドにみる消費型(As-a-Service)のITリソース調達が求められています。
このAs-a-ServiceをオンプレミスITでも実現した消費型ソリューション“HPE GreenLake”は、日本やグローバルにおいて数多くのお客様にご採用いただいております。
本講演で「HPE GreenLake」の概要と事例にみるビジネス加速のための新しいIT投資と将来をご紹介します。
クラウド
C14 もうすぐ満席
CTOが見る“エンタープライズIT”の未来
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
取締役 兼 専務執行役員 社長補佐(技術戦略特命)兼 CTO
大久保 忠崇
既存ビジネス・業界・国境を飛び越え、次々と誕生する新ビジネスを支えるクラウドコンピューティング時代に対応する為に、日本企業のエンタープライズITとして取り組むべき、実施すべきことは何でしょうか?
本講演では、ITの聖地「シリコンバレー」との深いビジネス連携をもち、世界各所で名乗り上げ始めている「第2のシリコンバレー」での新しい可能性を追いかけるCTCのCTO目線で、エンタープライズITの未来像を解説します。
【CTO講演】
D14 空席
Cloud利用者必見!! 事例で学ぶCloud時代のデータ活用方法
ネットアップ合同会社
クラウドデータサービス部門 クラウドスペシャリスト
工藤 政彦 様
デジタルトランスフォーメーションを推進する為に、Hybrid Multi Cloudの利活用が求められる時代となっています。
この講演では、Cloud時代に知っておいて欲しい3つの「C」を顧客事例と共にご紹介します。
クラウド
E14 満席
米国におけるディスラプション、デジタルトランスフォーメーションの今
ITOCHU Techno-Solutions America, Inc.
Director, Business Development
松本 渉
米国ではAI、IoT、ブロックチェーンに代表される新しいテクノロジーを駆使して、既存のビジネスモデルを置き換える「ディスラプション」の動きが加速しています。
一方、既に大きな市場シェアを持つ大企業は、既存のプロセスをデジタル化、自動化する「デジタルトランスフォーメーション」に取り組むことで、ディスラプションの脅威に対抗しようとしています。
米国の各業界におけるディスラプション、デジタルトランスフォーメーションの事例とCTCアメリカの取り組みをご紹介します。
グローバル
F14 空席
SAP S/4HANAの安定稼働・マイグレーションを支えるクラウド基盤
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウド・セキュリティサービス本部 ITサービス技術部 課長
平尾 辰徳
SAP S/4HANA基盤に求められる安定/性能要件に対して、「SAP ERP最適化クラウド基盤」のCUVICmc2が提供する機能とその活用方法をご紹介します。
【高性能/安定稼働】エンタープライズ基盤、DR機能、監視・運用
SAP ERP基盤リプレイス/移行やSAP S/4HANAマイグレーション/開発について、クラウド・バックアップ機能の活用事例をもとにポイントを解説します。
【移行/マイグレーション/開発】バックアップ機能、クラウドの柔軟なリソース提供
クラウド
G14 もうすぐ満席
日本の自動化を、前へ
UiPath株式会社
代表取締役CEO
長谷川 康一 様
「日本市場の戦略と2019年の進捗」と題して、UiPathが日本市場を最重要拠点と位置づけ取り組んでいる背景やUiPathプロダクトやサポートの強みの説明、さらにこの1年、日本企業のRPA取り組みついて説明します。
次に、今年開催されたUiPathの2019年プラン進捗状況について、最後は更なるRPAの先の姿についてUiPathのビジョンを紹介します。
AI
H14 空席
「Mist X ジュニパーSD-WAN」 働き方改革を具現化するジュニパーの革新的なネットワーク基盤
ジュニパーネットワークス株式会社
技術統括本部 エンタープライズ技術第2本部 本部長
長田 篤 様
働き方改革によるリモートアクセスやモバイルの利用は拡大し、企業にとって無線LAN(Wi-Fi)はビジネスにとってもはや欠かせないインフラのひとつとなっています。
しかし、導入したWi-Fiが繋がり難い、遅いなどの問題や、クラウドサービスを導入してみたものの、その後ネットワークが重くなったといった課題を抱えている企業様がいらっしゃるのも事実です。
本講演においてAIを搭載したクラウド管理型無線LAN「MIST」と、ジュニパーのクラウド最適化ソリューションであるSD-WANをご紹介予定です。エンタープライズネットワークを構成するWAN, LAN, Wi-Fi およびセキュリティを一元管理し自動化された運用を可能にするネットワーク構築のポイントをご紹介します。
AI
I14 空席
『データ活用の賢い始め方』 ~ DXの実現に向けた顧客データ統合への第一歩 ~
ピツニーボウズジャパン株式会社
ソフトウェア事業本部 事業本部長 執行役員
加固 秀一 様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
マーケティング企画部 カスタマーリレーション課 主任
野中 正喬
経済産業省は「DXレポート」の中で、複雑化した企業のITシステムが毎年12兆円の経済損失をもたらす「2025年の崖」の克服を企業に提言しました。全社横断的なデータ活用はその第一歩として期待されており、特に顧客データ統合は企業の命運を左右します。顧客データ統合の課題と解決方法について、顧客データ統合ソリューション「Spectrum」を使用した実際のユースケースを踏まえてご紹介します。
ビッグデータ
J14 空席
アジャイル開発を中心とした基幹システムDXへの挑戦
株式会社ミスミグループ本社
ITサービスプラットフォーム ジェネラルマネジャー
今井 大吾 様
ミスミは製造業のお客様向けに生産装置部品、消耗品など2700万点をグローバルでねじ1本からお届けするビジネスモデルを展開しています。当社は個別にカスタマイズする受注生産品、多岐に及ぶ販売チャネル、グローバル展開した商品調達網が特徴です。そのビジネスを実現させるのが弊社の基幹システムです。今回は基幹システム向けにアジャイル開発を立ち上げることで、プロセスを変え、基盤を作ったかをご説明いたします。
ユーザー事例講演
Agile / DevOps
K14 もうすぐ満席
駒澤大学がセキュリティ対策強化の次の一手に選定した「次世代エンドポイントセキュリティ」
学校法人駒澤大学
総合情報センター 情報ネットワーク課 インフラ係 係長
内山 敦 様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウド・セキュリティサービス本部 セキュリティビジネス部
セキュリティインテグレーション課
宮川 浩久
駒澤大学では昨今の巧妙化する脅威に対応するため、セキュリティ対策強化の取り組みとして、2017年から「次世代エンドポイントセキュリティ」の導入を検討し、2018年に導入しました。
導入前の課題、導入背景やどのようなポイントを重視して製品を選定したか、そして、導入時に苦労したこと、導入してよかった点、「次世代エンドポイントセキュリティ」をどのように運用しているかをご紹介いたします。
ユーザー事例講演
セキュリティ
L14 空席
DX時代のセキュアクラウド~その要点と概要
EMCジャパン株式会社
RSA マーケティング部 部長
水村 明博 様
業務のデジタル化が進み、クラウドの活用を推進する企業が増える昨今、そのスピードの速さに「デジタルリスク対策」が追いついていないとの指摘も見受けられます。クラウドの活用は企業にとって喫緊の命題ではありますが、セキュアに利用されているかに疑問を持つ経営者や管理者の方も多いようです。そのような疑問に対して、RSAから対策すべき項目が何かを指摘し、要点をまとめてご紹介します。
セキュリティ
M14 空席
AI活用によるコンタクトセンターDX
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
情報通信第3本部 ソリューションエンジニアリング第2部 新サービス推進課 課長
野沢 宣之
コンセプトはAIによるオペレータ業務支援。自然言語処理AIを活用した、CTCの独自サービス『CTC-AICON』によるコンタクトセンターの最適化の取り組みを紹介します。AIによる有人業務の完全代替ではなく、AIが人を支援し、有人業務の最適化を目指します。コンタクトセンターのATT(Average Talk Time)を削減し、応答率向上や応対品質向上、顧客満足度向上の実現を支援します。
AI
N14 空席
NVIDIA エンタープライズ GPUソリューション
エヌビディア合同会社
エンタープライズマーケティング 本部長
堀内 朗 様

エヌビディア合同会社
エンタープライズ事業部 GRIDビジネス開発マネージャ
後藤 裕一郎 様
企業は、様々な課題に直面しています。グローバル化、労働力の確保、多種多様なワークロード/ユーザー/プロジェクト、組織の統合、業務や人生の変化など柔軟に対応し、さらに新しい取組に挑戦するなど、“スピード感を持った働ける環境作り” が必須となっています。
NVIDIA GPUにより、オフィス/グラフィックス/コンピューティングなど、様々な業務を場所を選ばずに快適に実現するマルチワークロード VDIや、ディープラーニングやマシンラーニングなどのAI開発基盤が広く活用されています。
最新のGPUテクノロジーとソリューションを、国内外における先進事例を交えてご紹介いたします。
AI
O14 空席
5Gに魂を!! Analytics for IoTによるデジタル革新
SAS Institute Japan株式会社
ソリューション統括本部 IoTソリューショングループ
加藤 雄司 様
5GによりIoTがさらに身近に現実なものになってきます。超高速・超大容量のアーキテクチャ上で実現されるビジネス・ライフとは何でしょうか?本講演では、5G IoT空間でAIを活用したユースケースとその課題、またSASが提供するソリューションについてお話いたします。
IoT
15:15 ~ 16:00
A15 空席
早稲田大学におけるデータサイエンスの取組み
早稲田大学
データ科学総合研究教育センター 所長
松嶋 敏泰 様
早稲田大学では2017年12月にデータ科学総合研究教育センターを立ち上げ、様々な専門分野にデータサイエンスを掛け合わせて新しい知を生み出す研究の推進と、データサイエンス教育による人材育成に取り組んでいる。本講演ではセンターの役割と研究・教育、産学連携の取り組み、早稲田大学統合研究プラットフォーム(WIRP)を紹介し、CTCと共同で構築したシステムの役割と期待を述べる。
ユーザー事例講演
AI
B15 空席
データ仮想化技術によるIT開発・運用高速化の挑戦
みずほ証券株式会社
IT基盤統括部 アシスタントヴァイスプレジデント
安藤 智 様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズ事業グループ エンタープライズビジネス企画室
アプリケーションビジネス推進部 アジャイル開発推進課 主任
橋本 隆行
近年、各企業のDX推進が加速しており、情報セキュリティを踏まえた企業のデータ利活用の改革が重要なポイントとなっています。みずほ証券では、データ利活用の改革のためデータ仮想化技術Delphixを導入。ITコスト削減に加えてITオペレーションの大幅な改善・スピード向上を、セキュアなデータ利用を踏まえ実現しました。本講演では、数年間にわたる取組みの紹介と現場で培ったアプローチ手法をお伝えします。
ユーザー事例講演
運用
C15 空席
材料計測データの自動収集と機械判読化のプラットフォーム構築
国立研究開発法人物質・材料研究機構
統合型材料開発・情報基盤部門 材料データプラットフォームセンター 副センター長
吉川 英樹 様
物質・材料研究機構では、材料研究データへのAI適用を促し研究を加速するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を目的としたデータプラットフォームの構築を行っている。今回は材料計測データを対象とした、IoTを使った収集と分類の自動化、データを記述している語彙とフォーマットの機械判読化およびスペクトルデータのスパースモデリング等の材料計測データをMIへ導くプロセスを自動化する試みについて紹介をする。
ユーザー事例講演
AI
D15 空席
~ヒトをつくり、イノベーションをつくり、未来をつくる~ 日立金属の未来に向けて目指す新しい働き方への取組みとは!?
日立金属株式会社
情報システム本部 本部長
和田 利男 様
Box&Office365を中心としたクラウドシステムと自社開発・オンプレの業務システムを融合した新ワークスタイル環境の構築を推進。
日立金属の働き方改革、未来に向けて目指す新しいワークスタイルへの取組みやチャレンジ内容についてご紹介します。
ユーザー事例講演
クラウド
E15 満席
中国発イノベーションの現状と伊藤忠深センの取組み
広州伊藤忠商事有限公司
深セン分公司 総経理
石賀 隆彦 様

広州伊藤忠商事有限公司
深セン分公司 プロジェクトマネージャー
雪 慶軍 様
伊藤忠商事は2018年4月、深セン拠点を再設立しました。その狙いは「中国発イノベーションに学び、次世代ビジネスの創出に繫げる」ことにあります。イノベーション先進都市である深センをはじめ中国全土で起きているイノベーションの実情や最新動向、ならびに伊藤忠深センの取組みについて現地駐在員ならではの視点を交えた内容でご紹介します。
グローバル
F15 空席
お客様のクラウド利用に向けたCTCの取組み ー‘CUVIC’ Managed Multi-Cloud Platformご紹介
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部 課長
大塚 謙輔
・クラウド市場の潮流とCTCが進めるお客様のクラウド利用を促進する取組みCUVIC MMCP
・マルチクラウドの活用ケースを踏まえ、CTCがお支えする各種ソリューションを解説
クラウド
G15 満席
Google Cloud のビジョンと最新情報
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
パートナーエンジニア
浦底 博幸 様
年々需要が高まるビッグデータ分析のビジネスニーズや、データに基づく意思決定の重要性に応える方法として、Google Cloudが提供するフルマネージドなクラウドソリューションをご紹介します。機械学習サービスやコンピューティングサービスまで、Google Cloudのテクノロジーと日本での事例を交えてご説明します。
クラウド
H15 空席
2025年の崖をどう捉えるか? ~SAP S/4HANAへの移行事例から見えてくるもの~
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ERPソリューション企画部 ソリューション営業企画課 課長
今村 晃彰

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ERPソリューション企画部 ソリューションデリバリー第3課 課長
谷山 朋和
CTC自社へのSAP S/4HANA新規導入、及び伊藤忠商事様のSAP S/4HANAへのバージョンアップの事例紹介と、それぞれのプロジェクトに培ったノウハウをベースにCTCが作り出すSAP S/4HANAソリューションのご紹介です。是非、ご来場ください。
運用
I15 もうすぐ満席
事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
パートナー技術本部 パートナー ソリューション アーキテクト
大場 崇令 様
オンプレミスからクラウドへの移行は、ITインフラの導入・運用コストを削減するだけなく、付加価値の高いクラウド特有のサービスを活用することでその効果はさらに高くなります。クラウドへの移行時、多くのお客様が選択されるのがデータベースのマネージドサービスです。本講演ではデータベース移行におけるクラウドの適切な活用方法と Amazon Aurora や Amazon Redshift など、AWS が独自に提供するマネージドサービスとその価値について事例を交えて解説します。
クラウド
J15 空席
~No Innovation, No Success~ OutSystemsを3年使って変わったこと/変わらないこと
株式会社サカタのタネ
情報システム部
嶺澤 健一 様
サカタのタネは昨今騒がれている2025年の崖問題や情報システム部門の現状を踏まえ、今後のIT基盤の中核を担える存在としてOutSystemsを導入しました。この講演では、デモも交えながらOutSystemsを3年使って変わったこと/変わらないことを紹介し、内製化の優位性や高速開発の進め方についてお話します。
ユーザー事例講演
Agile / DevOps
K15 もうすぐ満席
LINEやGoogleアシスタントを使って生協の注文をさらに便利に
コープデリ生活協同組合連合会
宅配・EC事業本部 宅配インターネット事業部 担当係長
高橋 佑 様

コープデリ生活協同組合連合会
ECシステム部 ECシステム課 担当係長
藤本 昂 様
CTCと一緒に構築した、LINEやGoogleアシスタントを使った注文の取り組みについてご紹介します。LINE注文は、LINEのUIをそのまま活用した注文の仕組みを構築し、若い世代を中心にサービス利用者を大きく伸ばしています。また7月にはGoogleアシスタントに話しかけて注文する取り組みを開始しました。この取り組みの事例や、また今後展開予定のサービスについてもご紹介します。
ユーザー事例講演
モバイル
L15 満席
「敵」を知る ~日本を渦巻くサイバー情勢と見えない攻撃~
サイバーリーズン・ジャパン株式会社
エバンジェリスト
増田 幸美 様
日々変化を遂げるサイバー攻撃。かつて国家対国家で使われたサイバー兵器は、いまや民間の組織をおそう常套手段となってしまいました。攻撃者の侵入は防げない今、サイバー攻撃は物理攻撃にも結びついてしまい、日本の安全課題、そして企業としての経営課題に直結する問題です。本講演では、まずは敵を知るために、国家を後ろ建てとするAPT(高度標的型攻撃)の事例と、その背景、敵の狙いをご説明します。また日本への最新の攻撃事例から日本の現状を正しく理解し、それに対する効果的な対策と、ディフェンダーとして考えなければならないポイントを解説します。
セキュリティ
M15 満席
デジタル時代に必要なすべての人があらゆる場所で使えるデータ活用プラットフォーム
Tableau Japan株式会社
パートナー営業本部 Partner Development Manager
青木 隆夫 様
世の中のデジタル化が急速に進んでいます。この変化の中で、ビジネスを強力に拡大している企業はデータの力をフルに活用し、全ての社員がその力を手にすることを目指しています。本講演では、なぜすべての社員がデータの力を必要とするのか、その実現の為に必要なステップにはどのようなものがあるか事例を交えてご紹介します。
ビッグデータ
N15 空席
クラウドテクノロジーの活用による流通業トランスフォーメーションへの取組
日本マイクロソフト株式会社
流通サービス営業統括本部 インダストリーエグゼクティブ
藤井 創一 様
人口動態変化や、新たな競合の出現など、ますます激しくなる流通業界の変化。各企業は生き残りと持続的な成長のために、クラウドやAI,IoTなどの技術を活用し、変革に取り組んでいます。
本講演では、先進流通業によるデジタルトランスフォーメーション事例や、日本マイクロソフトがパートナー様との協業を前提に推進する流通業向け施策をご紹介します。
クラウド
O15 もうすぐ満席
わかる!ローカル5GとWi-Fi 6の仕組みと使い分け
華為技術日本株式会社
ネットワークソリューション&セールス部 チーフ アーキテクト
高木 圭一 様
「ローカル5G」を利用するために何が必要で何が課題か?
企業ネットワークには「Wi-Fi 6」と「ローカル5G」のどちらが適しているか?
既に15万台以上の5G基地局を出荷(2019年6月時点)しているファーウェイが企業ネットワークのための高速無線技術の活用方法を解説します。
5G
16:15 ~ 17:00
D16 もうすぐ満席
【対談】伊藤忠商事 “次世代商人”を支える次世代基幹システムへの取り組み ~SAP S/4HANAへの移行からそのグローバル展開までを解き明かす~
伊藤忠商事株式会社
IT企画部 全社システム室長
浦上 善一郎 様
伊藤忠商事は長年稼働していたSAP ERPを、昨年5月に日本の総合商社で初めてSAP S/4HANAへ移行し、同時にHANAを活用した全社データ統合基盤をリリース。
そして現在、グローバル展開においては、SAP S/4HANAの標準機能採用に重きをおいた導入プロジェクトを進行中。
本プロジェクトを率いる同社の全社システム室長の浦上様とSAPジャパンのバイスプレジデントの首藤様をゲストに迎え、ERPパッケージの利用者側と製造者側それぞれの思惑・課題・チャレンジを浮き彫りにします。
ユーザー事例講演
クラウド
E16 満席
CTCアメリカとSYSCOM USAによるシリコンバレー流SIサービス紹介
ITOCHU Techno-Solutions America, Inc.
Deputy Director
青山 信介

SYSCOM (USA) INC.
SF/BAY Office, Senior Director & Branch Manager
Makoto Yamashita 様
シリコンバレーに拠点を持つ、CTCアメリカが拡大を続けている現地でのSIサービスをご紹介。SYSCOM USAとの資本提携を皮切りに拡大したCapabilityとシリコンバレーという立地を活かしたスタートアップとの一早い連携からお客様へのスピーディなSolution提供モデルをご紹介いたします。
グローバル
F16 もうすぐ満席
徹底解説!VMware Cloud on AWS の定跡
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部 エキスパートエンジニア
川村 篤史
VMware Cloud on AWSサービス提供開始よりはや1年弱、情報は錯綜し玉石混淆化しています。この現状を打破するため、実践導入に向けたグランドデザイン、及び提供サービスに関してご説明いたします。
また、VMware Cloud on AWSの特徴でもある「AWS提供サービスとの連携」、「オンプレ環境からVMC環境への仮想マシンの移行」に関してはデモを交えてご覧に入れます。
クラウド
G16 満席
脱オンプレ!未来型の働き方を実現する超高速インターネット時代におけるデータ管理革命!!
株式会社Box Japan
プロダクト テクノロジー スペシャリスト部 部長
石川 学 様
到来する超高速モバイルネットワーク時代(5G時代)にてワークスタイルの変革は完成形へと向かいます。従来の10倍ものデータ伝送能力がクラウドアプリケーションを通じて各種データ・コンテンツへのアクセスを超高速化します。Boxの描く未来型のワークスタイル基盤とは?Boxが次世代基盤においてデータ・コンテンツ視点から提供できる価値とは?実際のユースケースを交えて「クラウド・コンテンツ・マネジメント」の必要性をご紹介します。
クラウド
H16 空席
クラウドの更なる活用へ 〜SaaS / IaaSを8-10倍高速化し生産性を向上〜
リバーベッドテクノロジー株式会社
ソリューションエンジニア SI/SP テクニカルアライアンスマネージャー
中島 幹太 様
企業内システムのクラウド化が進む昨今、「クラウドを活用して競争力を上げたい」と考える企業は多いものの、その使用における体感に不満やお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本講演では、クラウド上のアプリケーションパフォーマンスを加速させると同時に、アプリケーションの遅延、帯域幅の制約、およびネットワークの輻輳といった課題を解決する、弊社の最新ソリューション「SaaS Accelerator」についてご紹介いたします。
クラウド
I16 もうすぐ満席
AIの導入を成功に導くために一番大事なもの
インフォマティカ・ジャパン株式会社
セールスコンサルティング本部 ソリューションアーキテクト
森本 卓也 様

GROOVE X 株式会社
杉田 大樹 様
「BIの成功なくして、AIの成功なし」という言葉があります。なぜだと思いますか。BIもAIも使用するデータによって、結果が変わります。使用した全てのデータを信頼できなければ、結果を信用して意思決定することもプロセスへ適用することもできません。本講演では、AI導入を成功に導くソリューションのご紹介と、GROOVE X様から製品選定における着眼ポイントについてお伝えします!
ビッグデータ
J16 空席
クラウド環境を安心・安全に活用するために包括的なセキュリティ機能を提供!パロアルトネットワークス『Prisma』
パロアルトネットワークス株式会社
技術本部 システムズエンジニア
熊谷 恵逸朗 様
クラウド上に様々なサービスが増え、さらに便利に利用できるようになってきました。ただ、オンプレミス環境同様にクラウド環境利用でもセキュリティを考慮しなくてはなりません。本講演ではパロアルトネットワークスがSaaS、IaaS、PaaS、FaaSなどクラウド環境に対して包括的にセキュリティ機能を提供する“Prisma”についてご説明いたします。
セキュリティ
K16 空席
DXに備える! ~クラウドのメリットを引き出すインフラ運用とは~
デル株式会社
インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 パートナー営業本部 本部長
馬場 健太郎 様
様々なニーズへの対応やTCO削減の観点でインフラはハイブリッドクラウドやマルチクラウド運用が主流になっていますが、運用が複雑化してTCOが増大してしまうことがあります。
また、DXに向けたコンテナサービス運用にKubernetesを採用しようとすると、冗長性やライフサイクル管理などの新たな課題が生じて、さらに運用が複雑化することもあります。
本講演ではDell Technologies Cloudを中心に「インフラ運用の在り方」について、VMworld 2019の情報も取り入れた最新情報をご紹介します。
クラウド
L16 空席
サードパーティリスク レーティングサービス BitSightのご紹介
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
金融システム営業第3部
矢上 侑樹
もし取引先があなたの会社の情報を保有していたら、もしくはアクセスできたら、その取引先のIT事故はあなたの会社にも甚大な被害を与えます。そんなリスク計測をアンケートだけで、しかも年1回ですませていませんか?BitSightは取引先のITリスクを内部に侵入することなく計測します。毎日自動的に計測し、危険を察知したらすぐにあなたに知らせます。本講演では、そんなサードパーティリスクについて、重要性と解決策をお届けします。
セキュリティ
M16 空席
台湾に学ぶ、AIチャットボットのビジネス活用
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
マーケティング企画部 主任
渥美 秀彦
台湾で圧倒的なシェアを誇るAIチャットボット「SmartRobot」、ついに日本展開開始!
AIのスペシャリスト集団「Intumit社」が提唱する「Conversational AI Solution」。その一部を担うSmartRobotは、“驚愕の正答率”と、“超効率的なAI活用”を武器に、台湾で多くのサクセスストーリーを展開しています。そのポイントとノウハウを分かり易くお伝えいたします。
AI
N16 満席
DXの道、遠し ~“つなぐ”がキーワード~
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズ技術第1部 部長
工藤 浩

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズ技術第1部 課長
鈴木 高志
デジタルトランスフォーメンション(DX)で求められる、デジタル技術による新たな価値創出の実現に遠いと感じている企業は多いのではないでしょうか。
海外事例を含む様々な企業の取組みからイノベーションを生み出すヒントをお伝えし、DXの実現を支える“つなぐ”技術、つなぐを“支える”技術を紹介します。
人と人、顧客と企業、IT部門とLOB、業務と業務、を“つなぐ”技術がキーワードです。
Xtech
O16 空席
組織が解決すべきコミュニケーションの課題とは
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
情報通信第3本部 技術統轄部 ソリューション第1課
志村 晃季
最近では『チャット』『ビデオ会議』など便利なコミュニケーション手段が増えています。
しかし、便利なコミュニケーション手段が増える一方で、コミュニケーションに課題を感じるひとの数が減ることはありません。
この講演では、コミュニケーション課題の原因とそれを解消するための方法をご提案します。
また、ビジネスチャットTocaroの活用事例についてもご紹介いたします。
クラウド
17:15 ~ 18:00
D17 満席
新たなビジネスに備えた柔軟な法人様向けサービスの取組み
トヨタ自動車株式会社
コーポレートIT部 部長
中野 巌 様
100年に一度と言われる大変革の時代にモビリティカンパニーへの変革を目指し、販売店とともに販売ネットワークの変革を推進。
今までは社内の業務アプリを担当していた情報システム領域でも、社外向けサービスのアプリ開発を手掛ける時代になりました。
今回、新たに取り組んだ法人顧客向けのシステム構築での取組みを中心に、社外向けサービスだからこそこだわった点、より広い業務範囲をカバーする為の生産性向上の施策についてご紹介いたします。
ユーザー事例講演
Agile / DevOps
E17 空席
インドネシアにおけるお客様のDXパートナーを目指して ~ 中堅SI企業2社買収 ~
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
グローバルビジネス グローバルビジネス本部 本部長代行
斎藤 康弘
CTCはマレーシア、シンガポール、タイに加えて、2019年9月にインドネシアにて政府、政府系企業、財閥企業、日・米・欧資本の顧客基盤を持つ中堅SI企業のCompnet社とProsia社の2社を買収し子会社化が完了しました。インドネシア諸島全土で、33拠点の保守網とITトータルサービス提供をベースにお客様のインドネシアビジネス拡大を支援します。現地フィンテック、IoT、AI等の事例を紹介しながらCTCのインドネシア戦略を説明します。
グローバル
F17 空席
次世代クラウドがもたらす日本のイノベーション
日本オラクル株式会社
クラウド事業戦略統括 ビジネス推進本部 本部長
佐藤 裕之 様

株式会社RKKコンピューターサービス
イノベーションを実現するために不可欠なクラウド。オラクルは次世代クラウドをグローバルで急速に展開しており、その基盤上でイノベーションを成功裡に収める一つのキーであるデータベース基盤も提供しています。本講演では、先日米国サンフランシスコで開催されたOracle OpenWorldの最新情報も含め、オラクルが提供するクラウドの今をご紹介します。
株式会社RKKコンピューターサービス様は、これまでも自治体向けのアプリケーションサービスをご提供されており、その共同利用サービスの基盤としてOracle Exadataをご活用いただいております。さらなる自治体の業務効率の向上とIT投資の最適化を狙い、顧客が求めるセキュリティ要件を満たすクラウドテクノロジーを活用できるOracle Exadata Cloud at Customerをご採用いただきました。ご導入の目的とその狙いをご紹介いただきます。
クラウド
G17 空席
DX時代のITシステムへのSaaS活用のエッセンスとは
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドソリューション技術部 主任
田村 美央
SaaS利用の現状と今後のSaaSを社内システムに活用していくことに必要なエッセンスを導入背景や導入事例を交え紹介します。~社内システムへのSaaS導入により働き方改革を実現させる~
クラウド
H17 もうすぐ満席
Pythonで始めるネットワーク運用の自動化
CTCテクノロジー株式会社
ラーニングソリューション企画部
林田 圭史
近年、注目されているプログラミング言語「Python」は、ITの様々な分野で使用されネットワーク運用現場でも使用され始めています。ただ、どのようにPythonをネットワークの設定変更などの自動化で利用すればいいか情報が不足し、困っている人が多いように感じます。そこで、本講演ではPythonを使用したネットワーク機器運用の自動化の第一歩としてPythonでTelnet等を自動化し、設定変更や確認コマンドの結果のファイルへの保存までを自動化する方法などをご紹介します。
運用
I17 空席
AI技術を利用した消費購買行動の可視化とその活用
東京大学大学院
工学系研究科 技術経営戦略学専攻 田中研究室 博士課程
佐川 大志 様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
AIビジネス推進部 エキスパートエンジニア
香高 慶一
小売業において顧客の成長過程の理解は最重要テーマとなっています。これまで顧客のクラスター分析などによる顧客行動理解の試みが進展していますが、一方で顧客行動を時間的な変化の過程も含めて類型化し理解しようとする試みはあまり明瞭な解決方法ができていないのが現状です。東京大学田中研究室、GRID、CTCは、流通小売業の販売データを基に、ディープラーニングの画像解析技術を用いて、顧客の成長過程の傾向を可視化する技術を開発しました。講演ではこうした試みの事例をご紹介します。
AI
J17 もうすぐ満席
アナログイノベーターによる製薬企業のデジタルトランスフォーメーション推進の実際
大日本住友製薬株式会社
シニアデジタルオフィサー
横田 京一 様
2018年4月、新中期経営計画と共にデジタル革新推進担当オフィスが発足。社員のデジタルデクステリティー向上からデータ・AI活用に向けた体制づくり、最新デジタルテクノロジーの取込み等々、当オフィスが全社を巻き込んで取り組んできた極めてアナログなデジタル革新活動について紹介します。次世代型製薬企業への変革は始まったばかりですが、新ビジョン実現に向け力戦奮闘する姿に少しでも共感していただければ幸いです。
ユーザー事例講演
AI
L17 もうすぐ満席
クラウド時代の、セキュアクラウドトランスフォーメーションとは
ゼットスケーラー株式会社
システム・エンジニア
笹川 裕 様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウド・セキュリティサービス本部 セキュリティビジネス部 部長代行
伊藤 英二
企業アプリケーションのクラウド移行にともない、クラウドのメリットを最大限に活用するためのセキュアクラウドトランスフォーメーションのニーズが急速に高まっています。アプリケーションが複数クラウドに分散する複雑な環境や、海外多拠点からの高速で信頼性の高いアクセスなど、ビジネスの効率化と安全性を支援するソリューション例を、国内外の事例を交えてご紹介します。
セキュリティ
M17 満席
業務プロセス大改革! DX推進におけるプロセスマイニングの可能性とは
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
未来技術研究所 サービススプリント第2チーム エグゼクティブエンジニア
松本 直樹
業務プロセスを、企業内に蓄積しされているログから可視化し、改善を継続的に行う事が出来るプロセスマイニングが世界中で注目を集めています。CTCではプロセスマイニング市場で圧倒的リーダーのポジションを獲得した「Celonis Interigence Business Cloud」をいち早く評価しました。CTC内の基幹データ可視化や協力ユーザとのPOCで得たノウハウをお伝えします。また、プロセスマイニングが日本のお客様にもたらす価値についてもご紹介いたします。
AI
N17 満席
スマートストアの実現へ ~DX時代の変革を支えるCTC DXソリューション~
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CVSデジタルビジネス推進チーム チーム長 シニアエグゼクティブエンジニア
高橋 秀樹
アフターデジタル時代の新ビジネスルール:オンラインとオフラインの融合「Online Merges with Offline(OMO)」。顧客データ、在庫データ、行動ログ等「全てのデータがつながる世界」になります。
CTCは、DX戦略を支えるDXソリューション(ビックデータ/AI/IoT/API)をMicrosoft Azure(PaaS/FaaS)で先行開発。ウォークスルー決済、IoTデータ分析の実証実験内容も含めCTC DXソリューションをご紹介します。
ビッグデータ